HOME 活動報告 私学振興予算について懇談
活動報告

私学振興予算について懇談

2015.12.08

事務所に名古屋大谷高校の校長先生、教頭先生が来られ、県の来年度の私学振興予算について懇談しました。
高校においては県民子弟の3分の1の生徒が私学に通っており、また、長年にわたって公私2対1の受入れ比率を維持しています。しかしながら、公立生徒の大半は無償であるのに対し、私立生徒は依然として学費を負担しているのが実態であり、更なる公私間格差の是正に努める必要があると考えます。